中学受験を考えるなら読書がおすすめ

中学受験では、ほとんどの学校で国語を受験しなくてはなりません。ですが、国語が苦手、と言うお子さんは案外多いものです。また、ちょっとやそっと勉強したからと言って、すぐに点数に結びつかないのが国語なのです。
そこで、おすすめは読書です。
中学受験の場合、多くの学校は毎年出題傾向が似通っていますので、志望校の過去問を数年分入手したら、その中学がどのような作品を出題しているのか分析し、一冊読み通してみましょう。過去問に使われた作品を読み通してみるのも効果的です。
そして、読み終えたら、「どのようなことを、どのように問われているか」を確認しておく事が重要です。
中学受験においては、読むスピードも要求するような長文の物語文が出題されることも多いため、日ごろから文章を読むことに慣れておく必要があります。
また、説明文や論説文の場合には、客観的に読み取り、自分の主観をまじえずに答えることが非常に大きなポイントとなりますので、その点を頭に入れて読むよう、心がけましょう。
こちら→http://www.rhlovegalleries.com/で中学受験について調べることができます。