解体工事には許可が必要

解体業の仕事といえば、当然、建設リサイクル法が適用されることになります。つまりは、これによって建設工事に係る資源の再資源化等をしないといけない、ということがあるわけです。建設リサイクル法は、わかりやすく言うならば建設資材のリサイクルをすること、ということが決まっている法律になります。解体工事のみではなく、建てるときにも適用されることになります。しかし、最も大きなこととしてあるのが解体業となるでしょう。解体業なんて特に変ることがない、というイメージがあるでしょうが解体工事業登録と技術管理者選任の義務付けというのが今では必須になっています。解体業は建設業の一種であったのですが、今では解体工事業というのはしっかりと独自の許可制度があります。単純に建設の仕事であるから、ということでやることができるようなものではなくなっています。とても大事なことになりますから依頼するときには確認するようにしましょう。

内装解体費用の坪単価はどれくらい?